GETTY

Photo: GETTY

ビーバドゥービーは最近のヘイト・クライムを受けて人種差別の反対運動が起きる中でアジア人女性として自身が体験してきたことを語っている。

フィリピンでフィリピン人の両親の下に生まれ、ロンドンで育ったビーバドゥービーは自分のアイデンティティを恥ずかしく感じていたことについて語り、人種についてのよりよき対話や教育の必要性についてコメントしている。

ビーバドゥービーは米『ビルボード』誌のインタヴューでアメリカでアジア系アメリカ人へのヘイト・クライムが起こっていることについて次のように語っている。「アメリカで今起きていることはすごく認識している。2020年にはロンドンでもアジア系へのヘイト・クライムが大きく増加した。世界中でこういうことが起きているなんて最低よね。外出するのも怖くなり始めたから」

「私は女性で、アジア系だった。外出したら、暴行を受けて、殴られることもあるかもしれない。恐ろしい考えだけど、これが今暮らしている現実なのよ。今起きていることについて、アジア系コミュニティを支援する方法について、もっと教育される必要があるわ」

ビーバドゥービーは「アジア系女性として人生を通して」人種差別を経験してきたと語っている。

「男性が私に対して露骨に性的になることもあり得るし、そこに人種の要素が入ってくることもある。クレイジーになるよね。なんで私とやりたい、人種を理由に私とやりたいなんて口にできるの? 本当に気味が悪い。成人になる前から言われたことがあるわ」

本名をビートリス・クリスティ・ラウスというビーバドゥービーは「内面化された人種差別」を抱いていたと語っている。

「私は自分がアジア系という事実が嫌いだった。このことを言う度に卑屈な気分になるけど、なんでそんなふうに考えてしまっていたんだろう?」

「肌を隠すためにファウンデーションを塗っていた。フィリピンには文字通り白くする商品もある。ひどい話よね。私は自分自身のことを好きだと思わせてくれる学校のグループや女子をなんとか見つけることができて助かったわ。私は自分自身の音楽や自分自身のファッション・センスを見つけて、他の女子たちに馴染もうと気にするのを止めたわ」

ビーバドゥービーは曲を書き始めたことでアジア系であることを嫌うのを克服したと述べている。「少なくとも1人のアジア系少女は自分のことが分かった上でギターを手にとったことで、それが解決になったの」

インタヴューではザ・1975のマット・ヒーリーとジョージ・ダニエルが参加した最新シングル“The Last Day On Earth”についても語られている。同曲はこの春にリリースされる予定のEP『アワー・エクステンデッド・プレイ』に収録される。

ビーバドゥービーは新型コロナウイルスに言及しながら“The Last Day On Earth”について「世界がこんな風になるなんて知っていたら、私たちがやったであることをすごく誇張したものね」と語っている。

「疎外感とロックダウンになると知っていたら、やっていたであること、それがインスピレーションになったの」

ビーバドゥービーはこの曲の制作について「本当に楽しかった」と語っている。

「マッティと私は友だちで、ジョージもそうだった。だから、最初か楽な雰囲気だったの。すごくリラックスできて、誰ともコラボレーションしてこなかったけど、アイディアを共有して、アドバイスを聞いて、アーティストとして成長するのも穏やかで楽しい空気の中でできて、素晴らしかったわ」

EP『アワー・エクステンデッド・プレイ』のリリース日については現時点で明らかにされていない。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ