GETTY

Photo: GETTY

ザ・マーズ・ヴォルタは“Inertiatic ESP”の未完成のデモ・バージョンが公開されている。

“Inertiatic ESP”の完成版は2003年発表のデビュー・アルバム『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』に収録されている。

ザ・マーズ・ヴォルタは18枚組のアナログ盤によるボックスセット『ラ・リアリダッド・デ・ロス・スエニョス』を4月23日にリリースすることが決定している。“Inertiatic ESP”の未完成のデモ・バージョンは未発表音源が収録された『ランドスケープ・タントラムズ』に収録される。

“Inertiatic ESP”の未完成のデモ・バージョンはこちらから。

『ラ・リアリダッド・デ・ロス・スエニョス』と題されたボックスセットはザ・マーズ・ヴォルタの全ディスコグラフィーに加え、『ランドスケープ・タントラムズ』が収録され、、舞台裏を撮影したフォトブックも同梱される。

180グラムのアナログ盤にプレスしたボックスセットは5000セット限定でリリースされる。

ザ・マーズ・ヴォルタは8年前に解散しており、ここ数年の間に何度か再結成がほのめかされてきた。2019年にヴォーカリストのセドリック・ビクスラー・ザヴァラはツイッターでファンに「実現するよ」と述べていた。

その後、セドリック・ビクスラー・ザヴァラは再結成について新しい音源にかかっていると述べていた。

昨年、カニエ・ウェストは取り組んでいるアルバムでマーズ・ヴォルタとのコラボレーションを示唆していた。カニエ・ウェストはマーズ・ヴォルタの“The Widow”を使ったスポーツの映像をツイッターに投稿しており、次のように述べている。「マーズ・ヴォルタがアルバムを完成させるには必要だ」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ