GETTY

Photo: GETTY

スコット・ウェイランドのバンド、ザ・ワイルドアバウツのベーシストが、スコット・ウェイランドの死によって警察の捜査を受け、コカインの所持で逮捕されている。

スコット・ウェイランドは現地時間12月3日にミネソタ州のツアー・バスのなかで亡くなった。死因についてはまだ確定していない。

AP通信によれば、スコット・ウェイランドの遺体の近くで少量のコカインが発見されたという。ミネソタ州ブルーミントンの警察は、トミー・ブラックを規制物質所持の容疑で逮捕している。

トミー・ブラックはロサンゼルスのライヴハウス、ヴァイパー・ルームの支配人で、ブルーミントン警察署に勾留されており、保釈金をまだ支払っていない。

スコット・ウェイランドの訃報については本人のフェイスブックで認められたが、死因についてはまだ判明していない。

スコット・ウェイランドの死を受けて、ライアン・アダムスやクリス・ノヴォゼリック、デイヴ・ナヴァロなど、彼と共に過ごしてきた同胞や彼の影響を受けたアーティストたちが続々と追悼のメッセージを捧げている。

スコット・ウェイランドが在籍していたヴェルヴェット・リヴォルヴァーやストーン・テンプル・パイロッツのメンバーも追悼の意を捧げている。

ストーン・テンプル・パイロッツのディーン・ディレオ、ロバート・ディレオ、エリック・クレッツはフェイスブックで声明を発表しており、「君の人生を共有してくれたことへの感謝を語り始めよう。僕らは一緒に音楽的栄光を築き、多くの人々に幸せと素晴らしい思い出を与えてきたんだ」

「思い出はたくさんある。それは深いところに根付いているものなんだ。僕らは君が善と悪の真ん中で闘っていたのを知っている。それこそが君を君たらしめていたものだった。君には言い尽くせぬ才能があった。スコット、その才能の一部は、君の災いの一部でもあったんだ」

「君と遺族に深いお悔やみを申し上げます。君が逝ってしまって驚いてる。すべての愛と敬意を。兄弟、君のことが恋しくなるよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ