Getty

Photo: Getty

U2のフロントマンであるボノは、先日のパリ同時多発テロについての曲を書いたと語っている。

11月13日にフランスの首都を襲った一連の襲撃で132人が亡くなっており、ライヴハウスのバタクランは最大の被害を出すこととなっている。イーグルス・オブ・デス・メタルのパリ公演では89人の犠牲者を出すこととなった。

U2は事件の翌日にパリで公演を行う予定だったが、後でキャンセルしている。

今回、ボノはCNNに対して、あの事件を受けて曲を書いたことを明らかにしている。

楽曲は“Streets of Surrender”というタイトルで、ビデオ・インタヴューのなかで歌詞を朗読している。

ビデオ・インタヴューの動画はこちらから。

また、イーグルス・オブ・デス・メタルがU2のパリの公演に出演するのではないかと噂されていたが、12月6日の公演にイーグルス・オブ・デス・メタルは出演せず、代わりにスペシャル・ゲストとしてパティ・スミスが出演している。

『インディペンデント』のアイルランド版によれば、ライヴのなかでボノは次のように語ったという。「僕らはパリで愛する人を失った家族を支持している。サンバーナーディーノの家族も支持しているし、ベイルートやイスタンブールの家族も支持している。僕らは、神に対する過ったイデオロギーのために犠牲になった人たちを前に団結しなければならないんだ」

パティ・スミスは“Bad”や“Gloria”、“People Have the Power”の演奏に参加したという。

その時の模様はこちらから。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ