GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングが参加しているピンヘッド・ガンパウダーのこれまでのリリースがアナログ盤で再発されることが決定している。

アーロン・コメットバス、ビル・シュナイダー、グリーン・デイのツアーに参加しているジェイソン・ホワイトによるピンヘッド・ガンパウダーはアルバムとEPが再発されるという。

1−2−3−4ゴー!・レコーズは1991年から2008年にわたってリリースされた7枚のEPを他の作品と共に来年にかけて5度に分けてリリースする。最初にコンピレーション・アルバム『ジャンプ・サルティ』とデビューEP『トランドル&スプリング』、2種類のTシャツが4月30日に発売される。

6月11日にリリースされる第2弾では『キャリー・ザ・バナー』と『ファヒザ』EPと2種類のTシャツ、“Kick Over The Traces”の独自Tシャツが発売される。

9月10日にリリースされる第3弾では唯一のオリジナル・アルバム『グッバイ・エルストン・アヴェニュー』、7インチの“At Your Funeral”、2種類のTシャツが発売される。

11月26日にリリースされる第4弾ではEP『シュート・ザ・ムーン』、『8コーズ、328ワーズ』と2種のTシャツが発売される。最後の第5弾ではコンピレーション・アルバム『コンパルシヴ・ディスクロージャー』とEP『ウェスト・サイド・ハイウェイ』と2種のTシャツが2022年3月11日にリリースされる。

購入はこちらから。

https://1234gorecords.com/pinhead

先日、グリーン・デイは『インソムニアック』の25周年盤がリリースされている。

リマスターされたアルバムは1996年のプラハ公演のライヴ音源を収録しており、昨年10月にリリースが発表されたものの、新型コロナウイルスによる製造の遅れで2021年前半までリリースされない状況となっていた。

1994年発表の『ドゥーキー』に続く『インソムニアック』は1995年10月10日にリリースされ、全米アルバム・チャートで2位を記録している。アルバムには“Stuck With Me”、“Walking Contradiction”、“Geek Stink Breath”といったシングルが収録されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ