GETTY

Photo: GETTY

スティングは2007年のポリスの再結成を「過去への固執」としか感じられなかったことを後悔していると語っている。

スティングはアンディ・サマーズ、スチュアート・コープランドと共に解散から19年後となる2007年にポリスを再結成させており、その年にワールド・ツアーを行っている。

新たなインタヴューでスティングはポリスの再結成について語り、ツアーは彼の望んだ感情をもたらさなかったと述べている。

「当時、僕はツアーを過去への固執だと考えていたんだ。それが純粋に思ったことだし、今も思っていることだよ」と彼は『リーダーズ・ダイジェスト』で語っている。「自分の思ったことに正直でいていいと思うし、それが自分の感じたことだからね」

彼は次のように続けている。「それは一緒にやっていた人々への軽蔑みたいなものではないし、そんな風に物事が進んでいったわけでもない。単にそう見ていたというだけなんだ。正直に言ってさ。こういう形では思い出になってほしくはなかったよね」

「そういう心境になると分かっていたら、そもそもやってなかっただろうね」

スティングは「完全な自由」があるとしてソロ・アーティストでいるのが好きだと説明している。「ソロ・アーティストでいると自由があると思っていてね。それは力関係のことじゃないんだ。自分にふさわしい音楽のスタイルやブランドをプロデュースしていくという点においてなんだ」

「音楽というのはあらゆるフォームでコラボレーションによる作業だけど、バンドはその最たるものでね。自分以上に他の人々のことを考えなければいけないんだ。僕としては完全なキャリアでの自由があるということがソロ・アーティストであることの究極の喜びなんだ」

スティング、ビリー・ジョー・アームストロング、スリーター・キニーらはオーディブルの『ワーズ+ミュージック』に出演することが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

ビッコレ
ビッコレ
関連タグ