GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのトム・ヨークはアンダーカバーのファッション・ショーに“Creep”のソロ・アコースティック・バージョンを提供している。

“Creep”のソロ・アコースティック・バージョンは今週行われたアンダーカバーの2021-2022秋冬コレクション「クリープ・ヴェリー」に提供されたものとなっている。

トム・ヨークはこれまでファッション・ショーに様々な曲を提供しており、ラグ&ボーンの2017年春夏コレクションには“Coloured Candy”を提供しているほか、2011年、2013年、2015年にもラグ&ボーンのファッション・ショーに貢献している。

ファッション・ショーは以下のサイトで観ることができる。“Creep”のソロ・アコースティック・バージョンは7分30秒付近から始まる。

https://undercoverism.com/sp/news/detail.php?id=985

先日、エム・エックス・エム・トューンはゲーム『ライフ・イズ・ストレンジ』の第3弾のために“Creep”をカヴァーしている。

ゲームで主人公となるアレックスの歌声も担当しているエム・エックス・エム・トューンは『ライフ・イズ・ストレンジ:トゥルー・カラーズ』の発売発表の映像で、ゲームからの映像と共に“Creep”をカヴァーしている。

また、トム・ヨークらは現地時間3月16日に議会で最初の関門を突破した物議を醸している取締法案を批判している。

トム・ヨークは労働党のトッテナムの国会議員であるデヴィッド・ラミーがこの法案に反対するスピーチの映像をリツイートして、「迷惑をかけた人が懲役10年になるんだ」とキャプションに添えている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ