GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストは仮想通貨詐欺の一環でツイッターのアカウントをハッキングしたティーンエイジャーが投獄されている。

『タンパ・ベイ・タイムズ』紙によれば、18歳のアイヴァン・クラークは1日の間に詐欺で10万ドルを詐取したことで懲役3年の司法取引に合意したという。

アイヴァン・クラークはハッキングの当時17歳で、青少年犯罪ということで懲役10年を免れている。釈放後、3年間は執行猶予となり、違法行為を行った場合は懲役10年となる。

ヒルズボロ州検事のアンドリュー・ウォーレンはアイヴァン・クラークに自分の行動について「責任を取らなければならない」として、犯罪に手を染めることの「結果を他の詐欺師に見せる必要がある」と語っている。

「今回の事件で責任に伴う結果を見せることができました。子どもたちに対する私たちのゴールは常に未来を破壊しないようにする教訓を学んでもらうことです」

ティーンエイジャーは所有するアカウントにビットコインを送るよう説得するために偽のツイートを投稿していた。

アイヴァン・クラークはジョー・バイデン大統領、バラク・オバマ元大統領、キム・カーダシアン、イーロン・マスクといった有名人やアップルやウーバーといった大企業を標的としていた。

この事件についてはオーランドに住む22歳のニマ・ファゼリとイギリスに住む19歳のメイソン・シェパードも逮捕されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ