PRESS

Photo: PRESS

ジョン・レノンの生誕80周年となった2020年10月9日よりソニーミュージック六本木ミュージアムで展覧会「ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ」が開催されている。この展覧会は2018年5月から2019年11月までジョン・レノンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で開催された大規模な展覧会で、会期も当初の予定から7ヵ月延長され、異例の70万人を動員したものとなっている。

展示されているのはジョン・レノンとオノ・ヨーコが出会った1966年からジョン・レノンが亡くなる1980年までのキャリアを辿る、オノ・ヨーコ自身のプライベート・コレクションからの物を含む貴重な品々で、1966年11月7日にインディカ・ギャラリーで開催されたオノ・ヨーコの個展「未完成の絵画とオブジェ」でジョン・レノンが体験した、ハシゴを登って虫眼鏡で天井を見たらそこには「YES」の文字があったという『天井の絵』も再現されている。

1966年から1980年の時代背景と共にジョン・レノンとオノ・ヨーコの軌跡を振り返るこの展覧会だが、観て考えさせられるのは未来のことだったりする。ジョン・レノンが、ザ・ビートルズが後世にはどんな形で伝わっていくのか、そんなことを考えさせられる展示になっているのだ。ここでは11月7日に開催された内覧会で撮影した写真によるフォト・レポートをお送りする。

JohnLennonEx01

展覧会は1941年の太平洋戦争、1945年の終戦、1966年のザ・ビートルズ来日から始まる。

JohnLennonEx02

ジョンとヨーコの略歴。幼少期の姿も。

JohnLennonEx03

JohnLennonEx04

ジョンとヨーコが出会うまでの活動が振り返られる。

JohnLennonEx05

JohnLennon06

ジョンとヨーコが出会うことになった1966年11月のインディカ・ギャラリーにまつわるものが展示されている。

JohnLennon07

トレードマークと言えるジョン・レノンの眼鏡とオノ・ヨーコのサングラス。

JohnLennon08

1967年以降は1年ごとに振り返っていく形となる。

JohnLennon09

『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』がリリースされたのも1967年。

JohnLennonEx10

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの全裸のジャケットが物議を醸した『トゥー・ヴァージンズ』がリリースされたのは1968年だった。

JohnLeoonEx11

1969年3月、2人はジブラルタルで結婚式を挙げている。

JohnLeoonEx12

結婚と合わせてアムステルダムのホテルでジョンとヨーコは初の「ベッド・イン」を行っている。

JohnLeoonEx13

1969年にはジョン・レノン/プラスチック・オノ・バンド名義の活動がスタートしている。

JohnLeoonEx14

1970年、ザ・ビートルズは正式に解散することが発表された。

JohnLeoonEx15

1971年、言わずとしれた『イマジン』がリリースされた年だ。

JohnLeoonEx16

トレードマークとなった「NEW YORK」のノースリーヴ・シャツも展示されている。

JohnLeoonEx17

1972年はジョン・レノンの作品の中でも最も政治色の強い『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』がリリースされている。

JohnLennonEx18

JohnLennonEx19

1973年以降、ジョン・レノンはロサンゼルスに移住した「失われた週末」期に突入する。

JohnLennonEx20

1974年発表『心の壁、愛の橋』にまつわる品々。

JohnLennonEx21

1975年にショーン・レノンが生まれてからはハウス・ハズバンド期となり、5年間音楽活動を休止している。

JohnLennonEx22

1980年、ジョン・レノンとオノ・ヨーコは『ダブル・ファンタジー』を制作している。

JohnLennonEx23

アルバムで使用されたサードニクスのギターも展示されている。

JohnLennonEx24

会場には2人の私服も展示されている。

JohnLennonEx25

会場には映像を観ることのできる「イマジン・シアター」も。

JohnLennonEx26

ジョン・レノンの死後、ニューヨークのセントラル・パークにはストロベリー・フィールズという区画が誕生した。

JohnLennonEx27

ジョン・レノンが亡くなった1980年12月8日にレコーディングした“Walking on Thin Ice”は1981年にリリースされている。

JohnLennonEx28

会場にはここでしか販売されないものを含むショップが併設されている。

JohnLennon29

最後には観客も参加できるインタラクティヴ・エリアもある。

展覧会概要

展覧会名:DOUBLE FANTASY – John & Yoko(読み:ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ)
会期:2020年10月9日(金) ~ 2021年1月11日(月祝) 予定
場所:ソニーミュージック六本木ミュージアム(東京都港区六本木5-6-20)
開館時間(入場は閉館時間の30分前まで)
日~木:10時~18時 
金・土:10時~20時 
祝日:11/3 (火) 、23(月) 18時まで / 1/11 (月) 20時まで
通常チケット/料金(税込)
前売券:一般:2,500円 大学・専門学校生:2,000円 中・高校生:1,000円 
当日券:一般:2,600円 大学・専門学校生:2,100円 中・高校生:1,100円
※小学生以下:無料 ※障がい者:各半額(窓口にて障がい者手帳をご提示ください)
BAG ONE グルービーケース入り図録+チケットホルダー全3種付きチケット:10,000円
※図録は会場にて販売予定です。(価格:5,500円)
チケットホルダー付きチケット タイプA 「WAR IS OVER!」:3,000円
チケットホルダー付きチケット タイプB 「IMAGINE PEACE」:3,000円
チケットホルダー付きチケット タイプC 「YES」:3,000円
主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント / 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ
メディアパートナー:朝日新聞社

更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://doublefantasy.co.jp/

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ