REX FEATURES

Photo: REX FEATURES

ザ・ストーン・ローゼズは、6月15日から6月19日にかけての4公演で、すべて同じセットリストを演奏した。このライヴは、マンチェスターにある6万人収容のエティハド・スタジアムに、のべ約25万人の観客を集めている。観客は皆、同じように喜びを感じながら会場を後にしただろうが、同時に疑問も抱いていたかもしれない。こちらが全公演が終わった後に我々が考えた、みんなが抱いたであろう6つの疑問だ。

1. なぜ彼らは新曲“Beautiful Thing”を演奏しなかったのか?

理由として可能性がある選択肢はこちらの3つだ。

1. 彼らは完璧主義者になって、この曲はまだライヴで演奏するに至っていないと思っている。

2. 彼らは次のライヴまでファンを待たせている。

3. イアン・ブラウンがまだ歌詞を覚えていない。

このいずれかを彼らが理由として挙げたとしても、我々はザ・ストーン・ローゼズに敬意を持ち続けるだろう。

なぜローゼズは“Beautiful Thing”を演奏せずに、最後にスピーカーから流すだけにしたのかよく分からない

水曜のストーン・ローゼズはマジで最高に凄かった。少しがっかりしたのは、彼らが“Beautiful Thing”を演奏しなかったことだけだ

2. なぜ他に新曲が出ないのか?

バンドが2つの新曲(“All For One”と“Beautiful Thing”)をライヴに先駆けてリリースしたこと、そしてアルバムとみられるものをレコーディングするため、最近彼らがスタジオに入っていることを考えれば、ファンは更なる新曲を聴けるのではないかと思っただろう。しかし、巨大スタジアムでの公演は難しい新曲を演奏するのにふさわしくない場所だったのだ。我々は少なくともEPがリリースされるのではと待ち望んでいるが、一方でアルバムの噂も途切れず流れている。こちらがその一例だ。

ザ・ストーン・ローゼズのニュー・アルバムは9月9日にリリース予定

3. 彼らはさらにライヴをやる予定なのか?

……この夏に彼らが参加するフェスティバルの公演を含めれば、ライヴは行う予定だろう。もし噂が正しくて、もっと曲があるとしたら――それならば恐らく、答えはイエスだ。もっとも、新曲を演奏するライヴでなければ問題だろう。とはいえ、ライヴ開催のお知らせがすぐに来るとは期待しないでおこう……。

ザ・ストーン・ローゼズがこの先3年の間で次のライヴをやるはずだって皆分かってる

4. イアン・ブラウンは練習していたのか?

ファンのなかには、イアン・ブラウンのヴォーカルが許せないと感じた人たちがいたようだ――これは一般的に、彼のあまりよろしくない才能のひとつとみなされている――しかし、公演がすべて終わってみれば、実のところ彼のヴォーカルは大部分が上々の仕上がりだったのだ。

昨夜のザ・ストーン・ローゼズは素晴らしかったと言わざるを得ない。タイトな演奏で、イアン・ブラウンの声はほぼ最高だった

ザ・ストーン・ローゼズのチケットを買ったところを想像してみて。それから、イアン・ブラウンの声に不満を言っているところもね。彼が結婚式で酔っ払ったおじさんみたいな声じゃなきゃいいのに

ファンが撮影したライヴの様子はこちらから。

5. マンチェスター中の店でバケットハットが売り切れた?

会場はバケットハットだらけだ。観衆の中にいれば、どの方向を見てもたくさんのそれが目に入っただろう。こちらの写真にあるバケットハットを数えてみよう。さあどうぞ。

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

Top night last night seeing #thestoneroses #flares #music #etihad #buckethat

Nick Owensさん(@nick_o_91)が投稿した写真 –

昨夜はザ・ストーン・ローゼズ #thestoneroses を観た最高の夜だ #flares #music #etihad #buckethat

同時期にサッカーのユーロ2016が開催されていたことから、イングランド代表が試合を行った都市に触れた、こんなバケットハット・ジョークも生まれている。

イギリス人が被ったバケットハットの50%は今、ザ・ストーン・ローゼズのためにマンチェスターに集まっていて、その他の50%は(フランスの)リールにあると思うよ

6. オアシス再結成ライヴがエティハドで行われるのはいつ?

フン、思ってもみないことを我々に言わないでくれよ。なんといっても、エティハド・スタジアムはマンチェスター・シティFCのホームだ。リアム・ギャラガーがどれだけ楽しそうに街にいたかを見てほしい。

https://twitter.com/hoodybhoy79/status/744131077611065345

数字を用いて、もう少し真剣に考えてみよう。ノエル・ギャラガーは2000万ポンド(約32億円)のギャラならオアシスの再結成ライヴをやると発言している。エティハドの収容人数は6万人だ。ノエル・ギャラガーのギャラから計算すると、彼は観客1人当たりから333.33ポンド(約5万2,000円)を受け取ることになる。つまり、信じられないほど高額なチケットになるということだ。オーケー、ありそうもない話だが、不可能ではない。

オアシスが来年くらいにエティハドで再結成ライヴをしてくれたらいいのに、ちくしょう

https://twitter.com/mitchshelts98/status/740916647964315648

今でもオアシスの再結成を待ち望んでる、エティハドだったら最高だ

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ