ジョージ・ハリスン “Beware Of Darkness”


宗教団体「クリシュナ意識国際協会」のラダ・クリシュナ・テンプルの教えにインスパイアされたこの曲は1971年にバングラディッシュでのコンサートでジョージ・ハリスンによって演奏された。

ジョン・レノン “Watching The Wheels”


ビートルズ解散後のジョン・レノンの最もかわいらしい曲のひとつだが、ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンが警察に拘留されている時に、この曲の歌詞「People say I’m crazy(皆が僕をクレイジーだと言うんだ)」を復唱しているのが録画されており、不気味な遺産となってしまった。

ポール・マッカートニー&ウイングス “Let Me Roll It”


1973年に発表されたアルバム『バンド・オン・ザ・ラン』に収録された楽曲で“Jet”のB面としてもリリースされた。多くの人がこの曲をジョン・レノンのような楽曲という印象を抱き、ジョン・レノンの痛烈な“How Do You Sleep”の曲に反撃したのではと考えられている。
※『ピュア・マッカートニー~オール・タイム・ベスト』収録

ジョージ・ハリスン “I Live For You”


アルバム『オール・シングス・マスト・パス』からのアウトテイク曲で、1970年にレコーディングされたが、2001年にアルバムが再発売されるまで正式にリリースされていない。

ポール・マッカートニー “Coming Up”


1980年に発表されたポールマッカートニーのアルバム『マッカートニーII』のオープニングトラック。シンセサイザーとヴォーカルをうまく使ったビートルズらしい試みが見られる。
※『ピュア・マッカートニー~オール・タイム・ベスト』収録

リンゴ・スター “Photograph”


ジョージ・ハリスンと共同で作曲され、1973年に発表されたリンゴ・スターの3枚目のアルバム『リンゴ』のリードシングルとしてリリースされた。

ジョン・レノン “Nobody Told Me”


ジョン・レノンが1980年に殺害される直前にレコーディングされた一曲。この楽曲はジョン・レノンが亡くなった4年後の1984年にリリースされた。

ジョージ・ハリスン “Dehradun”


インド北部のウッタラーカンド州の州都デヘラードゥーンにちなんで名付けられた。この曲はジョージ・ハリスンがインドを訪れた際にインスパイアされて作曲した数ある楽曲の一つとなっている。

ジョン・レノン “Jealous Guy”


1971年にリリースされたジョン・レノンの自己反省を表した曲で、彼の曲の中で最もカバーされた曲の1つとなっている。特に、ロキシー・ミュージックがジョン・レノンの死の直後にカバーしたことはよく知られている。

ジョン・レノン “Working Class Hero”


1970年リリース。ジョン・レノンの最も辛辣で政治色の濃い歌詞の1つとなっている。ボブ・ディランの“Masters Of War”に明らかに影響を受けている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ