GETTY

Photo: GETTY

ファンは本日、プリンスが57才で亡くなったという衝撃的なニュースを聞いて、音楽界で最もユニークで影響力のあるパフォーマーの1人を失ったことを嘆いている。

比類なきスターへのインタヴューは貴重だが、1996年、当時そう呼んでいた「以前プリンスとして知られていたアーティスト」は巨大なトリプル・アルバム『イマンシペイション』をリリースする態勢が整い、ミネソタ州の自宅に『NME』などいくつかのメディアを招いた。その結果、ジャーナリストのシルヴィア・パターソンとのインタヴューは暴露的で笑える、実に奇妙なものとなった。プリンスが『NME』の表紙を飾った4度目となった最後のインタヴューから、最高でウィットに富んだ発言をここに御紹介する。

1. 若い時のエゴについて

「僕には大きなエゴがあった。とても大きなね。でも、それはそんなに悪いことじゃない。少なくとも何かを目指しているから、自分が偉大になりたいから、自分自身を偉大だと思うんだ」

2. 宗教について

「誰ももう神の存在を信じないから、役立たずのように感じる」

3. 自然について

「ひとかたまりのパンをテーブルに置いたら、それが薬に変わるなんて、僕には信じられない。結局、パンは放って置けばなんとかなる。それが自然であり、真実だ」

4. ロックンロールのライフスタイルについて

「僕は行き過ぎた行為、ドラッグ、セックスとアルコールの道を知っている。それらすべての経験はファンキーかもしれない。とてもファンキーかもしれないが、ただの通り道や脇道だ。答えじゃない……」

5. 自由について

「自由はセクシーだ。説明できないが、自由はとてもセクシーなんだ。毎日目を覚ますと、何でもできるように感じる」

6. 人生について

「誰にでも自分自身の経験がある。経験を通り抜け、学び、いろいろな道を進むために、ここにいるんだ。結局、多くの道を歩み、たくさんのことを学ぶから、二度と戻って来る必要がないのさ」

7. 彼の才能について

「僕は、誰とも少しも違いはない。そう、僕には富と名声と才能はあるが、自分自身を名声や富や才能がない人より少しも優れているとは絶対に思わない。人々は、僕を魅了する。彼らは素晴らしい! 人生は僕を魅了する! 僕は、他の人の人生より自分の人生に魅了されることはないんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ