GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズの初代マネージャーであるアラン・ウィリアムズ(写真一番左の人物)が亡くなった。享年86歳だった。

ブートル出身のアラン・ウィリアムズはザ・ビートルズを発見した人物とも評され、バンドにリバプールのライヴハウスのジャカランダでパフォーマンスをする機会を与えたという。

1960年に個人的にバンドを手掛け、この時のバンドのラインナップはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、スチュアート・サトクリフとなっている。ザ・ビートルズの成長期となったハンブルクのライヴも彼が用意していた。

ジャカランダは現地時間12月30日にフェイスブックでアラン・ウィリアムズの訃報を報じている。「今日は我々の歴史でも最も悲しい日の一つです。ジャカランダの初代オーナーで、ザ・ビートルズを発見したアラン・ウィリアムズが享年86歳で亡くなりました」

「御遺族と妻のベリルにお悔やみを申し上げます。彼の遺産のおかげで約60年にわたって私たちはリバプールの音楽シーンの中心で活動できたのです。この有名なステージで演奏してきたすべてのバンドを通して彼の思い出は生き続けていくでしょう。アラン、あなたは惜しまれることになるでしょう」

アラン・ウィリアムズは支払いの問題を巡ってザ・ビートルズとの契約を1961年に打ち切っている。その後、バンドはブライアン・エプスタインがマネージャーを務めている。1975年にアラン・ウィリアムズは回想録『ザ・マン・フー・ゲイヴ・ザ・ビートルズ・アウェイ』を出版している。

BBCの報道によれば、ポール・マッカートニーは2000年刊行の『ザ・ビートルズ・アンソロジー』でアラン・ウィリアムズについて好意的に語り、バンドの初代マネージャーだとしている。「彼は地元の小さなマネージメントだった。背が低くて、小さなウェールズ人で、声が高かったんだよね。最高の人で、大きなモチベーションを持った人でね。でも、僕らはよく彼をからかってたんだ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ