GETTY

Photo: GETTY

ジェイ・Zはジョージ・フロイドの事件を受けて声明を発表している。

ジョージ・フロイドは現地時間5月25日にミネアポリスで警官による拘束で亡くなっており、ジェイ・Zはそれを受けて発言した有名人の1人となっている。警官のデレク・ショーヴァンは解雇されて、過失致死の第3級殺人で逮捕されている。

ジェイ・Zは5月30日にジョージ・フロイドの事件を巡ってミネソタ州知事のティム・ワルツと電話で会話をしており、「非常に正直な会話」をしたと説明し、ミネソタ州の司法長官であるキース・エリソンの電話をしてくれたことに感謝している。

「今日、知事のティム・ワルツが自分と人間的な会話をしてくれたんだ。胸を痛めている父親であり、黒人である僕とね」とジェイ・Zは述べている。「そう、自分は胸を痛めている人間で、父親で、黒人なんだ。僕だけじゃないはずだよ」

「今回、胸を痛めている国全体と共に僕は司法長官のキース・エリソンに電話をして、正しいことをして、ジョージ・フロイドを殺害した責任のある者たちを法律の及ぶ限り起訴するようにお願いしたよ」

この投稿をInstagramで見る

@mngovernor #JusticeForGeorgeFloyd

Roc Nation(@rocnation)がシェアした投稿 –

これは「最初のステップに過ぎない」としてジェイ・Zは次のように続けている。「迫害者と呼ばれる人たち以上に正義のために闘うことを決意したんだ」

「この国のあらゆる政治家、検察官、警官に正しいことをする勇気を持つよう説得するよ。僕らを胸を痛めている人間として父親として兄弟として姉妹として母親として見る勇気を持つようにね。そして、自分自身を見つめるようにね」

週末、ビヨンセはインスタグラムに公開した映像で次のように語っている。「ジョージ・フロイドのための正義が必要よ。私たちはみんな白日の下の殺人を目撃したわ。私たちは傷つき、むかついている。この痛みを常態化することなどできない」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ