Emma Viola Lilja/NME

Photo: Emma Viola Lilja/NME

ジェイミー・エックス・エックスは、『NME』の読者投票によって今年のマーキュリー・プライズの最右翼に選ばれている。

ブックメーカーにおいてもジェイミー・エックス・エックスは、フローレンス・アンド・ザ・マシーンと並んで、2015年のマーキュリー・プライズの最右翼となっている。しかし、『NME』の読者投票では、彼こそが賞を持って帰ると考えられているようで、ジェイミー・エックス・エックスのソロ・デビュー作『イン・カラー』がトップとなる結果となった。

ジェイミー・エックス・エックスの後には、ウルフ・アリス、スレイヴス、ギャズ・クームス、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、エイフェックス・ツインが続いている。

もし、ジェイミー・エックス・エックスが今年受賞すると、ソロでもバンドでもマーキュリー・プライズを受賞した初めてのアーティストとなる。ザ・エックス・エックスは2010年にマーキュリー・プライズを受賞している。

『NME』の読者投票の結果は以下の通り。

12枚の候補作は10月16日に放送されたローレン・ラヴァーンの番組、BBC 6 Music radio showのなかで発表された。

UKもしくはアイルランドのアーティストによって、2014年9月9日から2015年9月25日のあいだにリリースされた作品が今年のマーキュリー・プライズの対象作品となっている。

候補作は、以前にノミネートされたアンナ・カルヴィやコリーヌ・ベイリー・レイ、ニック・マルヴェイといった独自の審査員に加え、放送局やジャーナリスト、DJによって選出されている。

受賞者は11月20日にロンドンのブロードキャスト・ハウスのレディオ・シアターで開催される授賞式において発表される。

授賞式の模様はここ2年はチャンネル4で放送されており、再放送も行われる予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ