GETTY

Photo: GETTY

レディー・ガガは乳ガンのため亡くなった友人の誕生日を祝っている。

ソニア・ダーラムは長年にわたってレディー・ガガのクリエイティヴ・チームであるハウス・オブ・ガガのマネージング・ディレクターを務めていたが、今年5月にステージ4の乳ガンのため亡くなっている。

現地時間10月7日に交際相手のクリスチャン・カリーノと一緒にいるピンクのシークイン・ドレスに身を包んだ自身の写真をインスタグラムに投稿したレディー・ガガはキャプションに次のように綴っている。「悲しみを感じながらカウチの上を転がっていたけど、(自身のワインである)グリージョ・ガールズとすごく特別な人のおかげで、なんとかオスカー・デ・ラ・レンタがくれたピンクのシークイン・ドレスでドレス・アップして、気分がよくなったわ。ソニアは私たちに誕生日を祝ってもらいたいと思うはずだわ。だから、そうするの。乳ガンの意識向上のためにもピンクに身を包んで、ピンクのキス・チョコレートを配るわ」

I 💖 you forever Sonja. #breastcancerawareness #womenempowerment

xoxo, Gagaさん(@ladygaga)がシェアした投稿 –

レディー・ガガは先日、最新作である『ジョアン』を引っ下げたワールド・ツアーの延期を受けて、ファンに現在の自身の健康状態について明かしている。

レディー・ガガは「肉体的な激痛」のために現地時間9月21日にスタートする予定だったヨーロッパ・ツアーを2018年まで延期している。

プロモーターのライヴ・ネイションは次のように声明を出している。「レディー・ガガは、パフォーマンスに影響を及ぼすほどの肉体的な激痛に苦しんでいます。彼女は現在も医師の治療を受けており、医師によって今日の延期が提案されました」

『エル』誌の報道によれば、レディー・ガガは現地時間9月30日にツイッターでファンに「リトル・モンスターのために日々強くなっている」ことを報告し、「ステージに戻って、『ジョアン』ワールド・ツアーでみんなに会うのが待ちきれないわ」と綴っている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ