GETTY

Photo: GETTY

ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグは「Beat 1」で自身が司会を務める番組「タイム・クライシス・ウィズ・エズラ・クーニグ」を先日亡くなったトム・ペティに捧げて追悼の意を表している。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズでの活動で知られるトム・ペティは10月2日に享年66歳で亡くなっている。報道によれば、彼は心肺停止に見舞われたという。

エズラ・クーニグは画家のジェイク・ロングストレスを迎えてトム・ペティとその作品について語っており、名曲“Free Fallin’”を自身のお気に入りの楽曲として挙げ、長時間にわたって語っている。

「彼は、人生はどうにもならないものだ、って言っているんだよ」とエズラ・クーニグは論じている。「キツイよね」これは“Free Fallin’”についての自由や解放についての曲という一般的な解釈とは一線を画している。

エズラ・クーニグとジェイク・ロングストレスはまた、ヴァンパイア・ウィークエンドで何度もトム・ペティの楽曲をカヴァーしようとしたことや、トム・ペティを「フラット・ロック」に分類できるかどうかについても語っている。

番組の全編はこちらから。

ヴァンパイア・ウィークエンドは2013年にサード・アルバム『モダン・ヴァンパイア・オブ・ザ・シティ』をリリースしており、エズラ・クーニグはこれに続く新作が「80%は完成した」として、そのワーキング・タイトルが現在『三菱マキアート』となっていることを先日明かしている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ