GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストリーツは再始動して、2018年にグレイテスト・ヒッツによるツアーを行うことが明らかになっている。

マイク・スキナーによるザ・ストリーツは2018年に一度限りで行うツアーを発表しており、ツアーは最新ユニットの「ザ・ダーカー・ザ・シャドウ・ザ・ブライター・ザ・ライト」にちなんで名付けられている。

ザ・ストリーツは2011年に行った通算5作目の『コンピューターズ・アンド・ブルース』のツアーが最後となっていたが、来年4月に行われるツアーのために再始動し、名作『オリジナル・パイレート・マテリアル』や『ア・グランド・ドント・カム・フォー・フリー』の楽曲を披露するという。

今回の発表についてマイク・スキナーは次のように語っている。「ツアー・バスがすごく恋しかったんだ。それはザ・ストリーツでツアーをもう一度やることを決めた理由のごく一部でしかないんだけどね。曲の間で何を喋ろうか考えようとするのも恋しいしね。DJをやってると、ツアー・バスも必要ないし、曲の間で何を喋ろうか考える必要もない。でも、真面目な話、十分な時間が経ったんだよね。トンガのパーティーだったり、僕がプロデュースした新しいラッパーやグライムのMCだったり、DJだったり、ザ・ストリーツでやってた時とほぼ同じくらいの間、音楽と共に暮らしてきたからね。もう僕は車のなかでタバコを吸うような輩じゃないし、クラブで過ごす奴になった。だから、各公演の後、ナイトクラブでアフター・パーティーをやっても許されるはずだよ」

spoken to my band! told them we need to sing the old songs! on sale 9am Friday 13th

Mike Skinnerさん(@mikeskinnerltd)がシェアした投稿 –

マイク・スキナーは今年のグラストンベリー・フェスティバルで約5年ぶりにザ・ストリーツの名曲“Fit But You Know It”のパフォーマンスを披露していた。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ