REX

Photo: REX

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインはファースト・アルバムとセカンド・アルバムをアナログ盤で再発することを発表している。

ケヴィン・シールズは以前から『イズント・エニシング』と『ラヴレス』をアナログ盤で再発することについて予告していた。「スチューダーA80 VU PREとニューマンVMS 80を使って、すべてアナログの信号で施盤をカットしたもので、アナログ・テープからマスタリングされている」という。

『イズント・エニシング』と『ラヴレス』は1月18日に再発される。

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインについては来年、ニュー・アルバムをリリースするのではないかと見られている。

これはケヴィン・シールズがシガー・ロスが主催するアイスランドのフェスティバル「Norður og Niður」に出演することが発表されたのと共に持ち上がったもので、フェスティバルの公式サイトのケヴィン・シールズのプロフィールには「2018年にリリースされるマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのアルバムのための音源に取り組んでいる」と記されている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ