GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはテイラー・スウィフトのファンであることを明かしている。

リアム・ギャラガーはこれまでも現在の音楽シーンについて発言してきており、UKのバンドについて「自分たちの出しているものを恥じるべき」だと語っている。

今回、『ニューズウィーク』誌のインタヴューで彼は最近のポップ・ミュージックについて自身の考えを明かしており、「俺はポップ・ミュージックがどんなものか知らないけどさ」と語っている。

「テイラー・スウィフトはいくつか素晴らしい曲を作ってるよな」とリアム・ギャラガーは続けている。「俺の言ってること分かるか? “Shake It Off”はすげえ曲だよ」

「ファレル・ウィリアムスの“Happy”もあるよな。あれも素晴らしいポップ・ソングだよ。いい曲もあるけど、まったく意味のないデタラメもあるわけでね。俺の言ってること分かるか?」

リアム・ギャラガーは先日、9月21日に誕生日を迎えて、自身の誕生日を祝っている。

リアム・ギャラガーは今年で45歳となっており、「人生は45歳から始まる」とツイートし、2日前に誕生日を迎えたスケプタとツイッターでやりとりを交わしている。

「人生は45歳から始まるんだ」

リアム・ギャラガーは10月6日にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースする予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ