YouTube

Photo: YouTube

ビョークが最新シングル“The Gate”のミュージック・ビデオを公開している。

“The Gate”を先週公開したビョークだが、通算9作目となる新作『ユートピア』がリリースされることが明らかになっており、アルバムは11月にリリースされるものと見られている。

今回、ビョークは“The Gate”のミュージック・ビデオを公開している。このビデオのためにカスタム・メイドのドレスをデザインしたグッチとのコラボレーションとなっており、長年の共同制作者であるアーティストのアンドリュー・トーマス・ホアンが監督を務めている。クリエイティヴ・ディレクターはビョーク、アレッサンドロ・ミケーレ、ジェイムズ・メリーが手がけている。

「“The Gate”は、基本的にはラヴソングなの。ただ、私の言う『ラヴ』はもっと超越的な意味なの」とビョークは新曲“the gate”について語っている。「『ヴァルニキュラ』は個人的な損失についてだったけど、新しいアルバムはさらに偉大な愛についてなの。愛を再発見すること。精神的な点で。他にもっと良い適当な言葉がないんだけどね」

“The Gate”のミュージック・ビデオはこちらから。

アンドリュー・トーマス・ホアンはさらに次のように語っている。「“The Gate”は、2015年の『ヴァルニキュラ』で失った場所を取り戻しているんだ。これは初めて垣間見ることのできるビョークのユートピアだよ。その出入り口は、『ヴァルニキュラ』で負った心の傷の中にあるんだ。あの作品はいまや、2人の恋人同士の胸を繋ぐ色鮮やかな扉に変化しているように思える。ありふれたロマンチックな意味での恋人同士ではなく、より広大な宇宙空間的な意味でね」

「ビョークのニュー・アルバムへと続くハイウェイとして、“The Gate”は、反射しながら光り輝くものに変化を遂げた女性によって歌われる希望の宣言なんだ」

このビデオは先週末に行われていたロンドン・ファッション・ウィークで「ナウネス」によって公開されている。現地時間9月15日の初日には、ビョークとアルカがゲストで特別なDJセットを披露している。

以前、“Blake Lake”や”Mutual Core”など、ビョークの印象的なミュージック・ビデオの数々を手掛けているアーティストにして映像作家のアンドリュー・トーマス・ホアンは『フェーダー』誌に対し、2015年発表の『ヴァルニキュラ』に続く新作でも共同作業をしていることを明かしていた。

新作のサウンドについて訊かれた彼は次のように答えている。「僕がそれを明かすにはまだちょっと早いと思うよ。けど、ビョークはかなりの割合をすでに書き上げてるんだ。僕らは『ヴァルニキュラ』でやったことを進化させたいと思ってるんだ。あのアルバムはパーソナルで内省的な作品だったからね」

「現段階で言えることは、ニュー・アルバムが本当に未来を見据えたものになるってことかな。まさに今、必要とされてる理想的な形でね。楽しみだよ。おそらく、僕のバックグラウンドにあるヴィジュアル・エフェクトをより使っていくことになるだろうね」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ