GETTY

Photo: GETTY

マギー・ギレンホールはテイラー・スウィフトが彼女の家に置いてきたというスカーフについてファンが尋ねてくることについて語っている。

マギー・ギレンホールは今週テレビ番組「ウォッチ・ホワット・ハップンズ・ライヴ」に出演し、テイラー・スウィフトの元恋人で弟のジェイク・ギレンホールについて歌ったとされる“All Too Well”の歌詞について尋ねられている。歌詞には「left my scarf there at your sister’s house(あなたの姉の家にスカーフを置いてきてしまった)」という一節がある。

「ほんとに、みんながスカーフについて訊いてくるのが理解できないのよ」とマギー・ギレンホールは語っている。「これまでも尋ねられてきたんだけど、私は『それって何の話?』って感じなの」

スカーフが実際にあるのかどうかについてマギー・ギレンホールは次のように続けている。「知らないわ。大いに可能性はあるわね。でも、分からないの」

一方、ゼイン・マリクは新曲について賛否両論が上がっているテイラー・スウィフトを擁護しており、「テイラーについて悪い言葉は見当たらない」と語っている。

「俺はテイラーをアーティストとして評価しているよ。クールだと思うし、彼女は成功していると思う。彼女は成功に値する努力をしたと思っているからね。それが俺の考えだよ。俺たちは一緒に曲をやった訳だけど、楽しかったし、テイラーはプロフェッショナルだった。俺のガールフレンドとも仲がいいしね。テイラーについて悪い言葉は見当たらないな。テイラーはクールだよ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ