GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは先週行ったマンチェスター・アリーナの再オープン公演について振り返っている。

今年5月、マンチェスター・アリーナはアリアナ・グランデの公演の際にロビーでの自爆テロがあったために22名の犠牲者を生んでいる。その後、マンチェスター・アリーナは閉鎖されていたが、現地時間9月9日にノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズやザ・コーティナーズ、ブロッサムズ、ピクシー・ロット、リック・アストリーらが出演したライヴで再オープンを果たしている。

今回、ノエル・ギャラガーは「ウィ・アー・マンチェスター」と題された再オープン公演について振り返り、マンチェスター市民の間で“Don’t Look Back In Anger”が抵抗のアンセムとなったことを受けて、ライヴの前にここまで緊張したのは初めてだったと明かしている。

「素晴らしかったよ。ステージに行く時に緊張したのはこれまででも初めてだったな。テロ事件の後、あの曲について起こったことがあったからね。抵抗のアンセムとなって、黙祷に集まった人たちがあの曲に集ったわけでね。俺はあの時、生放送のニュースで観てたんだ。言葉を失う感じだったよね」と彼はBBC 6ミュージックのショーン・キーヴェニーに語っている。

「ライヴが近づいてきて、出演を取りやめることができたらなって考えたよ。あまりにエモーショナルなことだったからね。言ってること分かるだろ? 分かんないけど、ダゲナムのライヴでもエモーショナルになるだろうけどさ。でも、俺の地元で、アリーナでやるわけだからね」

「けど、素晴らしかったよ。俺たちも、出たアーティスト全員も、ちゃんと犠牲者や生存者を讃えたと思っているんだ。あの後も素晴らしい時間を過ごしたよ。日曜の午後にも会ってね。言うべきことがある、って今も感じてるんだ」

「“Don’t Look Back In Anger”で学んだこと、その一つは音楽がなによりも重要だってことでさ。黙祷の時、沈黙の中で人々が思いを馳せている際にすごく恐ろしいものがあったわけでね。それで、一人の少女が沈黙を破って歌い出して、あの時みんなも一緒に加わったわけだけどさ。音楽が本当に重要なんだよ」

ノエル・ギャラガーが「ウィ・アー・マンチェスター」について語る番組はこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ