GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは現地時間9月9日に行われた「ウィ・アー・マンチェスター」チャリティ・コンサートでのノエル・ギャラガーのパフォーマンスを批判している。

ツイッターでリアム・ギャラガーは、テロ被害者を追悼する恒久的な記念碑の資金を集めるために開催されたこのコンサートでのノエル・ギャラガーの発言とパフォーマンスの真摯さに疑問を投げかけている。

「ノエル・ギャラガーが泣いちまったんだってな。あんなの真面目に真に受けるなよ。あいつは気にしちゃいないんだ」とリアム・ギャラガーはツイートし、次のように続けている。「あいつのPR行為を真に受けるなよ。あいつは気にしちゃいないんだ。もし同じことがエジンバラで起きていたら、すぐに行っていたはずだよ」

リアム・ギャラガーはマンチェスター・アリーナでのテロ事件を受けてアリアナ・グランデが6月に開催した「ワン・ラヴ・マンチェスター」のコンサートに出演しており、その際、兄のノエル・ギャラガーが出演しなかったことを批判しており、「悲しい奴だな」と述べていた。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ