facebook.com/charlottegainsbourg

Photo: facebook.com/charlottegainsbourg

シャルロット・ゲンズブールは2010年発表の『IRM』以来、7年ぶりとなるニュー・アルバム『レスト』をリリースすることを発表し、タイトル曲“Rest”を公開している。

タイトル曲の“Rest”はダフト・パンクのギ=マニュエル・ド・オメン=クリストとの共作となっていて、アルバムは11月17日にリリースされる。

アルバムには他にもポール・マッカートニー、オーウェン・パレット、コナン・モカシン、セバスチャンらが参加しているという。

“Rest”のミュージック・ビデオはアップル・ミュージックで公開されている。

https://itunes.apple.com/jp/music-video/rest/id1276795050

このミュージック・ビデオはシャルロット・ゲンズブール自身が監督を務めており、そこにはラース・フォン・トリアーの後押しがあったと彼女は声明の中で述べている。

「最初は彼にこのビデオを監督してもらえないか訊いてみたの。『いや……君がやるべきだ』と彼は答えたわ。それから彼は私が何を求めているか、よく分かっているからこう言ったの。『君が何をすべきことを僕はちゃんと言うからさ』ってね。彼は私が守るべきルールをものすごく詳細に指示してくれたわ。師からの教えを書き留めている間、電話を通して頷いてた。そんな感じだったの。最初のひと押しを待ち望んでいたのよ。外に出て、自分でカメラを担いでいったわ。私が選んだ昔の映像か、私の撮影した新しい映像か、どちらに私のパーソナリティを反映させるかは私次第だった。この音楽のループを通して反復的な言語を作り出そうとしたの。監督業の最初のステップに感謝してるわ。私自身がイメージしていたものを手に入れることができたから」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ