GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは全米シングル・チャートのトップを席巻し、16週に及んだルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー・フィーチャリング・ジャスティン・ビーバーによる楽曲、“Despacito”の全米1位に終止符を打っている。

テイラー・スウィフトのカムバック・シングルとなった“Look What You Made Me Do”は母国で初登場1位を獲得しており、合わせて全英シングル・チャートでも初登場1位を達成している。

“Look What You Made Me Do”の1位達成は米『ビルボード』の最長記録に並ぶ“Despacito”の全米1位記録に終止符を打つ形となっている。

“Look What You Made Me Do”はセールスとストリーミングの合算で2017年の週間最高記録を達成しており、これまでアデルの“Hello”がトップだった、女性アーティストによる1週間でのストリーミング回数の記録も塗り替えている。

テイラー・スウィフトは全米シングル・チャートで、ここ3枚のアルバムからのファースト・シングルがすべて1位を記録している。

テイラー・スウィフトは先週末、11月10日にリリースされるニュー・アルバム『レピュテーション』からの新たな楽曲“… Ready For It”も公開している。

iTunesではアルバムの予約が受け付けられており、予約すると先行で“…Ready For It?”と“Look What You Made Me Do”の2曲をダウンロードできる。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ