GETTY

Photo: GETTY

ザ・ジャムのドラマーであるリック・バックラーはバンドが再結成することについて積極的ではないという。

ザ・ジャムは絶頂期にあった1982年に解散している。報道によれば、ドラマーであるリック・バックラーは最近あまりポール・ウェラーと会話をしていないとのことで、事実、ポール・ウェラーはリック・バックラーのメッセージに返信すらしていないという。

リック・バックラーは次のように語っている。「俺自身とブルース(フォクストン、ベーシスト)は何年もポールと連絡を取り続けるのにすごく努力してきたんだ。でも、すべて聞き入れられないから、残念だけど、もう諦めるよ」

「最終的にはもう彼らにクリスマス・カードを送るのもやめなきゃならないよね」とリック・バックラーは続けている。「できることは限られてるよ。期待はしてないね」

以前、ブルース・フォクストンは、一昨年にロンドンのサマセット・ハウスで開催されたザ・ジャムの展覧会「ザ・ジャム:アバウト・ザ・ヤング・アイディア」が、公共の場で解散以来初めて3人が揃う機会であったことを明かしている。

しかし、リック・バックラーはその場に姿を現していない。ブルース・フォクストンは彼について次のように語っている。「リックとは仲違いしたとは思ってないんだ。彼は違うふうに言うだろうけどね。今じゃポールは素晴らしい友人だけど、リックが離れてしまったのは皮肉だよね。でも、彼の幸せを願ってるよ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ