GETTY

Photo: GETTY

リンキン・パークのフロントマンであるチェスター・ベニントンの葬儀で配布された記念品が大手オークション・サイトから削除されている。

先日、現地時間7月29日にチェスター・ベニントンの葬儀が近親者のみによって執り行われたことが明らかになっており、「TMZ」によれば、葬儀には約200人が出席したという。葬儀では「Chester Bennington」と書かれた黄色いリストバンドやバックステージを模した記念のカードなどが配布されたという。

しかし、その記念品がeベイに出品されたことが先日報じられており、議論を呼んでいたが、eベイは出品を削除したことを明らかにしている。「悲劇から利益を得ようと試みる」販売は許されないとeベイは述べている。

出品された記念品は5万ドル(約550万円)を超える金額を記録していた。

41歳だったチェスター・ベニントンは、カリフォルニア州のパロス・ヴァーデスにある自宅で現地時間7月20日に発見されている。チェスター・ベニントンの訃報を受けて、音楽界からは多くの追悼の声が寄せられており、マイク・シノダは「衝撃だったし、心が打ちひしがれている。でも、本当なんだ。正式なステートメントはこれから出すことにするよ」とツイートしている。

リンキン・パークは亡くなったフロントマンのチェスター・ベニントンを追悼するための特設サイトを開設している。

特設サイトは自殺防止ホットラインの連絡先が冒頭に掲載されており、「#RIPCHESTER」のハッシュタグで投稿されたユーザーからの投稿が表示される仕組みとなっている。

http://chester.linkinpark.com/

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ