GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのロニー・ウッドは肺ガンを切除した手術について語っている。

ロニー・ウッドは今年5月に肺ガンを切除する手術を行ったことが明らかになっていた。

『デイリー・メール』紙に対して独占でこの手術について語った彼は、診断の後、家族に「別れを告げる」ことも覚悟していたという。

「すべてがどうなるか分からなくて、お陀仏になって、別れを告げることにもなりかねなかったからね」と彼は『デイリー・メール』紙に対して語っている。

「どんなことになるのか、まったく分からなかったんだよ」

享楽的な生活を続けてきただけに病気にならなかったことに驚いていたこともロニー・ウッドは明かしている。

「1年前にタバコを止めた後、内心思ってたんだよね。『どうして50年間もチェインスモーキングだったり、他の悪癖なんかを何にも起こることなく続けてこられたのか』ってね」

「だから、素晴らしい年配の医師であるリチャード・ダウッドに診てもらうことにしたんだ。というのも俺たちはツアーに出る前は診てもらわなくちゃいけなくて、よりちゃんと診てもらって、心臓だったり肺だったり血液だったりをチェックしてほしいか訊かれたからさ、『是非』って答えたんだ」

ロニー・ウッドは現在は良好で、定期的な検診を行う予定だと語っている。

ロニー・ウッドは2016年に双子が生まれる前にタバコを止めており、8度にわたるリハビリの結果、現在はアルコールも飲んでいない。

しかし、飲酒などを止めたことにバンドメートのキース・リチャーズはどのように考えているのだろうか?

「俺がタバコを止めたことを案じてるよね」とロニー・ウッドは明かしている。「3週間、(禁煙薬の)チャンピックスをやったんだけどさ。大変だったよ。あれを考えると今でも辛いね。そうやってタバコが欲しがるのを止めたんだ」

ロニー・ウッドはザ・ローリング・ストーンズとして9月により「ノー・フィルター」ツアーに乗り出す予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ