GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは兄のノエル・ギャラガーとの口論が始まった経緯について、放尿による私物の破損があったことを語っている。

リアム・ギャラガーは「ハワード・スターン・ショウ」に出演してオアシスの再結成について語ったほか、タバコを買う際に身分証の提示を求められた件について説明し、ソロのシングル“Wall Of Glass”を披露したほか、オアシスの“Wonderwall”を演奏している。

インタヴューのなかでハワード・スターンはリアム・ギャラガーに兄弟の敵対意識はどこから始まったのかと尋ねている。リアム・ギャラガーは次の逸話を披露している。「15歳だったかの時に外で飲んでて、家に帰ってきたんだけど、マリファナなんかも持っててね。部屋がぐるぐる回ってるんだよ。電気のスイッチも見つけられなくてね」

リアム・ギャラガーは次のように続けている。「そしたら『クソ、漏れそうだ』ってなってね。その場で出して、ノエルが買った新しい音響システムに小便をしちまったんだよ。あれは根に持ってると思うね」

リアム・ギャラガーは先日新曲“Eh La”をライヴで初披露しており、10月6日にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースする予定となっている。

また、リアム・ギャラガーはミューズ、エミネム、カサビアンら、多数のアーティストが出演するレディング&リーズ・フェスティバルに出演する予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ