GETTY

Photo: GETTY

クイーンのローディーだった人物が、バンドとデヴィッド・ボウイがレコーディングした「生々しい」未発表音源について語っている。

先月、クイーンのギタリストであるブライアン・メイは、1981年発表の“Under Pressure”でコラボレーションを行った際に残された音源があることを明かしており、次のように語っている。「あのセッションでやったすべてが世に出たわけじゃないんだ。だから、それも考えられるよね」

今回、クイーンのツアー・クルーとして一緒に回っていたローディーのピーター・ヒンスは『ガーディアン』紙に対して「クイーンがデヴィッド・ボウイとレコーディングした音源で、これまでまったくリリースされていないもの」があるとしており、その時、彼は現場にいたと語っている。

「彼らは一緒にオリジナルの曲も何曲かやってたし、カヴァーもやったんだ」とピーター・ヒンスは語っている。「スタジオでジャムをやっててさ、“All the Young Dudes”とか“All the Way from Memphis”とか、いろんなロックの名曲をやってたよ」

彼は次のように続けている。「フレディとデヴィッドが一緒に歌った音源はあるんだよ。フル尺のロックンロールのトラックがね……生々しいけど素晴らしいんだ」

デヴィッド・ボウイは1977年から1982年のアルバムを集めた新たなボックスセット『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン [1977-1982]』がリリースされることが発表されている。一方、クイーンはアダム・ランバートをヴォーカルに迎えて、大規模なツアーを行っている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ