Andy Willsher/NME

Photo: Andy Willsher/NME

レディオヘッドのエド・オブライエンは自身のモデルのストラトキャスターが発売されることが決定している。

ギターは「EOBサスティナー・ストラトキャスター」というもので、レディオヘッドのメンバーで自身のモデルを発売するのは初めてとなる。

ギターには弦振動を自由にコントロールするために開発されたフェルナンデス・サスティナーのピックアップが搭載されており、名前もここから取られている。

エド・オブライエンは2002年からサスティナーを搭載したストラトキャスターを使用しており、ファンによれば、昨年の『ア・ムーン・シェイプト・プール』のツアーからこの新モデルを使用していたという。このギターは今年中の発売予定だという。

先日、エド・オブライエンは現在のツアーが終わった後のバンドの予定について言及している。

TRNSMT出演の際にBBC 2のエディス・ボウマンのインタヴューを受けたエド・オブライエンはバンドの今後の予定について語っている。来年のツアーの予定について「小規模なツアー」を予定していると語った後、「レディオヘッドは中断する予定なんだ」としている。「全員にとって別れて、ちょっとそれぞれのことをやる時なんだよ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ