GETTY

Photo: GETTY

イギリス人陸上選手のモハメド・ファラーは、U2のコンサートで出会ったノエル・ギャラガーを弟のリアム・ギャラガーと間違えてしまったものの、リアムがそれに見事に応じている。

オリンピックの金メダリストであるモハメド・ファラーは、トゥイッケナム・スタジアムで行われたU2のライヴで遭遇したノエルとのツーショット写真に次のようなコメントを添えている。「トゥイッケナムのU2のコンサートでリアム・ギャラガーと和んだよ…!!」

これを受けて、リアム・ギャラガーは「U2を観に行けてよかったよ、モハメド」と応じている。

ファラーは同じ過ちをインスタグラムでは犯しておらず、投稿した写真にノエルのアカウントを正しくタグ付けしている。

モハメド・ファラーによる過ちから遡ること2日、リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーがU2のサポートアクトを務めたことを受けて「つまんない奴」と批判し、「せいぜい世界でも最もダサいファンに無視されただけだろ」と述べている。

週末にノエル・ギャラガーはトゥイッケナム・スタジアムで行われたU2の『ヨシュア・トゥリー』30周年記念ツアー2公演のサポート・アクトを務め、クライマックスで“Don’t Look Back In Anger”を披露している。

リアム・ギャラガーは今回の出演を批判してきており、U2への「ゴマすり」と述べたほか、「つまんない連中」を聴くよりも「自分のクソでも食ったほうがまし」と述べたほか、「ダサい」などと述べている。

リアム・ギャラガーは10月6日にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースする予定となっており、ノエル・ギャラガーも11月にハイ・フライング・バーズのアルバムのリリースが見込まれている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ