GETTY

Photo: GETTY

90年代のシアトルのグランジ・シーンを描いたミュージカルがシアトル・レパートリー・シアターで上演される予定だという。

『ヴァラエティ』誌によれば、あの時代のバンドによる楽曲を使ったフィクションの物語になるということで、なかでもニルヴァーナとサウンドガーデンの名前が挙げられている。

このプロジェクトの楽曲はBMGが出版権を所有するカタログで構成されるとのことで、その場合スマッシング・パンプキンズやアリス・イン・チェインズの楽曲も使用可能だという。ニルヴァーナの元マネージャーだったジャネット・ビリグ・リッチがこのミュージカルのプロジェクトに関わっているという。

物語は素晴らしいグランジ・ミュージシャンと、彼を殺害することになるかもしれないライバルを描いたものとなるという。それ以上の詳細は明らかにされてないない。

先日、ニルヴァーナについては1988年に制作したデモ・テープのためのミュージック・ビデオを撮影する映像が全編公開されている。

1988年1月23日当時、テッド・エド・フレッドという名前で知られていたニルヴァーナは初めてのデモ・テープをシアトルでレコーディングしている。デモにはメルヴィンズのドラマーであるデイル・グローヴァーが参加していた。

翌日、ニルヴァーナはレディオシャックという家電販売店に集まって、ミュージック・ビデオを撮影している。デイル・クローヴァーのドラムはライヴだが、それ以外は前日に録音された音源に沿う形でバンドはこの映像を撮影している。

公開された映像はこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ