NME/Dean Chalkley/Getty

Photo: NME/Dean Chalkley/Getty

ノエル・ギャラガーは弟のリアム・ギャラガーがU2とのツアーを批判したことについて反応を示している。

今週、リアム・ギャラガーは何度もツイッターでU2を批判しており、「つまんない連中」を聴くよりも「自分のクソでも食ったほうがまし」と述べたほか、「ダサい」などと述べている。

今回、ノエル・ギャラガーはツイッターで反応を示しており、最後にリアム・ギャラガーへの言及を匂わせている。「すっかり準備はできてるぜ。楽曲もよく洗練されてるんだ。みんなと再会したし、新しいメンバーもいるんだ! 古い友人と会えたり、新しい友人ができるのを楽しみにしてるんだけど、なにより興奮しているのはU2のケータリングの喜びを味わえることなんだ。彼らのケータリングは音楽業界でも最高だと認知されているからね。客席で会おう。なんてね、じゃないけどな。じゃあな」

ノエル・ギャラガーはハイ・フライング・バーズの新しいライヴ写真も公開しており、元オアシスのゲム・アーチャーが参加しているものと思われる。

リアム・ギャラガーは10月にソロ・デビュー・アルバムをリリースする予定で、ノエル・ギャラガーも翌月に新作をリリースすると見込まれている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ