GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーはニッケルバックのシンガーであるチャド・クルーガーとの論争のなかで、チャド・クルーガーをファストフード・チェーンに喩えている。

チャド・クルーガーは先日コリィ・テイラーを批判して、ストーン・サワーのことを「ニッケルバックのライト版」と評し、それに対してコリィ・テイラーはチャド・クルーガーについて「足のような顔」と応じていた。

コリィ・テイラーは先日のチャド・クルーガーの発言について再びインタヴューで訊かれて、次のように答えている。「あのチンポ野郎のことは話したくないんだ。なんで俺がチャド・クルーガーが言ったことを気にしなきゃなんないんだよ?」

彼は次のように続けている。「チャド・クルーガーとロックの関係は、ケンタッキーにおける“チキン”みたいなものだろ。違うかな? 俺は間違ってると思わないけどね……いまだに食べることはあるけど、決してうまいとは思わないんだよな」

チャド・クルーガーは先日ストーン・サワーについて次のように語っている。「だって彼らはニッケルバックになろうとしているんだからね……彼らはまあまあだと思うけど、ニッケルバックほど良くはないね。彼らのサウンドはニッケルバックのライト版って感じだよ」

コリィ・テイラーはチャド・クルーガーからの批判に対し、チャド・クルーガーについて「バカ」と評し、次のように続けている。「言いたいことをのべつ言ってればいいよ。俺が知っているのは、マスクをしてるのに『ロックで最もセクシーな男性』に投票されたってことで、あいつがマスクもないのに『ロックで最もブサイクな男性』に二度も選ばれてるってことだよ。くそったれだね」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ