YouTube

Photo: YouTube

ナイン・インチ・ネイルズは『ツイン・ピークス』の新シーズンの最新話のゲスト出演し、バックを薄暗く照らされたバーでパフォーマンスを行っている。

ナイン・インチ・ネイルズは番組にいつも登場するバー、ロードハウスで司会に「ザ・ナイン・インチ・ネイルズ」と紹介されて、パフォーマンスを行っている。

映像からは『ノット・ジ・アクチュアル・イベンツ』EPに収録の“She’s Gone Away”を披露しており、トレント・レズナーの妻であるマリクイーン・マーンディグもバック・ヴォーカルで参加している。

パフォーマンス・シーンの映像はこちらから。

トレント・レズナーは『ツイン・ピークス』シリーズの監督であるデヴィッド・リンチとは長年の共作関係で知られ、1997年公開の『ロスト・ハイウェイ』でも仕事をしているほか、デヴィッド・リンチはナイン・インチ・ネイルズの2013年発表の“Came Back Haunted”のミュージック・ビデオを監督している。

一方、ナイン・インチ・ネイルズはこの夏、一連の公演でライヴ復帰を果たす予定となっており、7月23日のFYFフェストなどに出演する。

また、ナイン・インチ・ネイルズは今夏EPをリリースすることを発表しているが、正式な発売日はまだ明らかになっていない。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ