PRESS

Photo: PRESS

ブライアン・イーノは、音楽家でありプログラマーのピーター・チルヴァースと共にコールドプレイのためのアプリを開発したことが明らかになっている。

ブライアン・イーノとピーター・チルヴァースは、6月30日にリリースされるコールドプレイのEP『カレイドスコープEP』に収録されている“Hypnotised”に連動したアプリを開発したことが明らかになっている。

アプリは“Hypnotised”の再生中に使用できるといい、使用するとアプリから楽曲のピアノ・モチーフに基づいて生成されたオリジナル・メロディが再生されるという。

アプリにはもう一つの機能があり、コールドプレイは次のように述べている。。「僕たちのショウに来る機会があったら、“Hypnotised”をプレイしている時にアプリを使ってみてほしい。魔法の様な音楽が聴けるよ」

アプリ『Coldplay : Hypnotised 』は、ブライアン・イーノとピーター・チルヴァースによるアプリ『Bloom』に基づいたものとなっている。

ブライアン・イーノは、今年1月に最新作『リフレクション』をリリースした際にも、ピーター・チルヴァースと共にアルバムのアプリ盤をリリースしている。

アプリ『Coldplay : Hypnotised』のダウンロードはこちらから。

Google Play で手に入れよう

“Hypnotised”のリリック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ