GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランは、ミュージシャンとして成功する前に俳優のジェイミー・フォックスの家のソファで6週間寝泊まりさせてもらっていた過去が明らかになっている。

エド・シーランは現在、世界で最もセールスを記録しているミュージシャンの一人であり、最新アルバムの『÷(ディバイド)』で全英チャートにおける男性のソロ・アーティストとしての初週のセールス記録を塗り替えているほか、収録された楽曲9曲が全英トップ10に同時にランクインしている。

しかしながら、エド・シーランは今回、成功を収める前のエピソードがジェイミー・フォックスによって「エンタテインメント・トゥナイト」で明かされている。「俺はエド・シーランを6週間ソファに寝かせてやってたんだ」とジェイミー・フォックスは明かしている。「彼は成功を収める前、俺の自宅にやってきたんだ」

ジェイミー・フォックスはまた、エド・シーランの他にも成功を収める前の有名人たちを支援していたことを明かしている。「アンソニー・ハミルトンにニック・キャノン、こういう連中もなんだ。心に触れる芸術性を持った奴は俺たちが支援してやらなきゃいけないわけでね。そういう連中を後押ししなきゃいけないんだよ」と彼は続けている。

一方、エド・シーランは先日、“Shape of You”がスポティファイで10億回の再生回数を突破したことが明らかになっている。

サード・アルバム『÷(ディバイド)』からのシングルである同曲は今年1月にリリースされ、今回大記録を達している。

これまでにスポティファイで10億回の再生回数を突破したのは2曲しかなく、最初に突破したのはドレイクの“One Dance”で、続いてホールジーが参加したザ・チェインスモーカーズの楽曲“Closer”が10億回を突破している。

現在、10億回に最も近づいているのはメジャー・レイザーの“Lean On”で、9億9千万回の再生回数を突破している。

また、エド・シーランはソングライターとしての才能を他でも発揮しており、リタ・オラが先月エド・シーランと共作した“Your Song”をリリースしている。

エド・シーランは今月レディオヘッドやフー・ファイターズと共にグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務める予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ