GETTY

Photo: GETTY

現地時間6月14日未明にロンドンの高層公営住宅で発生した火災で多くの人々が亡くなったのを受けて、サム・スミスやストームジーを初めエンターテインメント界から多くの追悼の声が寄せられている。

現地時間6月14日未明、ロンドンのノース・ケンジントンにある127戸24階立ての公営住宅で火災が発生している。消防隊は懸命に消火活動を行っているほか、救急隊が崩壊の恐れのある建物から住民を救出する作業を続けている。

日本時間6月15日14時現在までに、少なくとも12人の死亡が確認されている。また、現在も多くの住民が行方不明となっており、犠牲者の数はさらに増えるものと見られている。

火災が発生して以降、音楽界やエンターテインメント界の著名人たちから、犠牲となった人々に対する追悼の声や緊急機関を讃える声が数多く寄せられているほか、支援に繋がる情報をシェアする動きが広がっている。また、公営住宅の建設資金を出し惜しみしたとして政府を非難する声も上がっており、経費の削減が今回の大規模火災を引き起こしたと批判する声も多く上がっている。

エンターテインメント界から寄せられた追悼の声は以下の通り。

「とても悲しい日だ。言葉もない」

「今朝はロンドンで恐ろしいニュースに起こされたよ。僕の心や祈りは犠牲となった皆さんと共にあります」

「こんなことが起きたなんて信じられないよ。とてつもなく悲しいし、人の命を奪った完全な過失だよ」

「これが現在起こっていること。公営住宅を安く購入出来る見返りに、改修や建設基準を満たしていないものが提供されるんだ」

「この恐ろしいニュースを聞いて、ショックを受け打ちのめされています。私の心は西ロンドンでこの恐ろしい悲劇に巻き込まれた皆さんと共にあります」

「ああ、なんてこった。ロンドンで? 言葉が出ない」

「グレンフェル・タワーはとんでもない悲劇よ。私の心は、タワーに住んでいた住人の皆さんと共にあります。本当に心が痛むわ」

「僕の心はグレンフェル・タワーで起きた恐ろしい火災に巻き込まれた方々と共にあります。支援のためにシェアやリツイートしてください」

「グレンフェル・タワーで、命の危険を顧みずに人々を助けたロンドン消防隊の勇気ある消防士たちに敬意を」

「グレンフェル・タワー近くのホテルの4部屋を予約してあります。今夜泊まる場所を必要としている人をご存知の方は僕にダイレクト・メッセージを送ってください」

「今日、我々は緊急機関をサポートし、住民を支援します。詳しい事情は明日、聞きたいと思います」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ