GETTY

Photo: GETTY

パール・ジャムのフロントマンであるエディ・ヴェダーは現地時間6月6日、ロンドンのハマースミス・アポロで行われた自身の公演でクリス・コーネルについての感動的なスピーチを行っている。

クリス・コーネルは現地時間5月17日にデトロイトでライヴを行った後、ホテルの部屋で遺体で発見され、亡くなっている。享年52歳だった。死因については自殺であることが明らかになっている一方で、クリス・コーネルの家族は彼に処方されていた薬が自殺の原因である可能性に言及している。

パール・ジャムのファンサイトによれば、この日の公演でエディ・ヴェダーは次のように語り始めている。「ここ何日かは、集中することすらままならない時があってね。この建物の歴史やボウイの人生について考えたりしていてね。そういうことを考え始めると、いろんなことを考えちゃってさ。いいことじゃないよね……だから、いくつかのことについては語らないできたんだ。そう……なんか人目を引くと思ってね。だって、本当に親しかった友人を失ったわけだからね」

「あと言っておくと、俺は4人兄弟として育ったんだけど、2年前に事故で悲劇的な形で兄弟を1人亡くしてるんだ。それ以来、何人か近しい人を亡くしていてね。俺はこの手のことが得意じゃなくてさ。現実を受け入れないことで、死と向き合ってきたんだ。だから、俺は家族の下に行きたいし、コミュニティの下に行きたいし、バンドの奴らの下、特に彼のバンドの奴らの下へ行きたい。でも、この手のことは時間がかかるわけだけど、俺の友達はもう二度と戻って来るわけでもないんだよね」

「時間はかかるけど、俺はこれをクリスの死に影響を受けたすべての人たちに捧げたいと思う。彼らが家に戻った時に、あの人の素晴らしい考えや援助に深く感謝できるようにね。彼は俺にとって単なる友人ではなかった。俺は兄のように慕ってたんだ。事件について聞いた2日後、確か2日目の夜だったと思うんだけど、俺たちはクリスが好きそうな水辺の小屋に泊まっていたんだ。そしたら夜中の1時30分頃に思い出が一気に蘇ってきてさ、俺は目を覚ましたんだ。大切な思い出だよ。ずっと考えていくことになる思い出さ。その思い出は強靭な筋肉のようだった」

「そしたら、思い出が止まらなくなってしまってね。眠ろうとしたんだけど、まるで近所の人が音楽をかけてて自分じゃ止められないみたいな感覚でさ。それでも次第に小さな思い出たちに変わっていって、落ち着けるようになった。思い出が次から次へと蘇ってきたんだよ。俺は自分がいかに幸運だったか思い知ったよ。思い出がすぐに過ぎ去っていたらと思うとさ。俺は何時間も思い出に浸れたわけだからね。俺はなんて恵まれていたんだろうってね。それに、俺は悲しくなりたくはなかったんだ。感謝したかったんだよ、悲しむんじゃなくてね。今でもその思い出について考えていて、そうした思い出を胸に抱えて生きていくし、彼を永遠に愛するつもりだよ」

エディ・ヴェダーがスピーチを終えると、観客はスタンディング・オベーションでそれに応えている。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのアンソニー・キーディスもクリス・コーネルに追悼の意を表明し、「彼は世界によりよき場所を残してくれたんだ」と語っている。

※公開後、記事を修正しました。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ