GETTY

Photo: GETTY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは亡くなったクリス・コーネルに追悼の意を表して現地時間5月18日にインディアナポリスで行われた公演で、クリス・コーネルの楽曲である“Seadons”のカヴァーを披露している。

クリス・コーネルが亡くなったという悲劇的なニュースを受けて、音楽界は一体となってその悲しみを表明している。現地時間5月17日、ライヴの後、デトロイトのホテルにてクリス・コーネルは遺体で発見されている。享年52歳だった。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズはインディアナ州インディアナポリスのバンクーズ・ライフ・フィールドハウスで行われた公演で追悼の意を表明している。ギタリストのジョシュ・クリングホッファーはセンター・ステージでのパフォーマンスでクリス・コーネルの“Seasons”を披露している。“Seasons”は1992年公開の映画『シングルズ』のサウンドトラックに収録されている。

ファンが撮影したパフォーマンスの映像はこちらから。

クリス・コーネルの死を受けて、サウンドガーデンにちなんで名付けられた公演、シアトル・サウンド・ガーデンに集まっている。

クリス・コーネルの訃報を受けてジミー・ペイジやエルトン・ジョン、エアロスミスのジョー・ペリーらが追悼の意を表明しており、リンキン・パークは「ジミー・キンメル・ライヴ」でのパフォーマンスをクリス・コーネルに捧げている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ