GETTY

Photo: GETTY

ミューズのフロントマンであるマシュー・ベラミーは自身の息子のある将来の可能性について語っている。

彼と女優のケイト・ハドソンとの間の唯一の子供であるビンガム・ホーン・ベラミーは2011年の7月に生まれている。アップル・ミュージックのラジオ番組「Beats1」のゼイン・ロウとのインタヴューの中で、マシュー・ベラミーは自身の息子がナイン・インチ・ネイルズのフロントマンであるトレント・レズナーの子供と同じ学校に通い始めることになったことを明かし、彼らが一緒にバンドを始めるかもしれないと冗談と飛ばしている。

「息子はトレント・レズナーの子供たちと新しい学校に行くんだ。それってすごく素晴らしいよね」とマシュー・ベラミーは語っている。「いつか俺の子がトレント・レズナーの子供たちとバンドをやるなんてことになったら、とんでもないよね。素晴らしいよ」

トレント・レズナーはどう考えているのか、マシュー・ベラミーは次のように続けている。「彼も賛成だよ。誰が最初に提案したか実際覚えてないね。でもまあ、実現するさ。それか映画音楽の作曲家になるかもしれないしね。誰にもわからないよ」

ミューズのゼイン・ロウとのインタヴュー映像はこちらから。

ミューズは昨日ニュー・シングル”Dig Down”のミュージック・ビデオを公開している。“Dig Down”はバンドによる2015発表の『ドローンズ』以来の新曲となっており、ニュー・アルバムからの楽曲ではなく単体としてのシングルだという。

ミューズはここ1週間、新たな音源のリリースを予告してきていた。今年3月、バンドはロンドンのエアー・スタジオでレコーディングしていることが明らかになっており、3曲の新曲をレコーディングしたと発言していた。

ミューズは今年のレディング&リーズ・フェスティバルでもカサビアンやエミネムと共にヘッドライナーを務める予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ