GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズのプロデューサーであるジョージ・マーティンの息子のジャイルズ・マーティンは1968年発表の『ホワイト・アルバム』のリミックス盤が制作されることを認めている。

ジャイルズ・マーティンは『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の50周年を記念してミキシング・エンジニアのサム・オケルと共に同作のステレオでのリミックスを行っている。BBCラジオ6の番組に出演したジャイルズ・マーティンは、『ホワイト・アルバム』でも同じようにリミックスを行うことを認めているという。

ザ・ビートルズのアーカイヴ音源から更なるリリースがあるのかを訊かれたジャイルズ・マーティンは「そうじゃないといいんだけどね」と冗談を飛ばした後、次のように続けている。「『ホワイト・アルバム』が次のリリースになるよ。あのアルバムはバンドが非常に気ままになってきた時期で、例えば、“Sexy Sadie”は本当に沢山のテイクがあるんだ。効率性が少しなくなってきたんだよね」

ザ・ビートルズの作品をリミックスする動機については、コレクターに興奮してもらえるようなものを提供するのと同時にバンドの魅力を現代化させたいと述べている。「僕のモチベーションは、自分の息子や孫にこのアルバムがポップ・ミュージックの側面を変えたんだよって説明する時に『サウンドがちょっと古臭い』って言われずに『うん、聴いてみる』って言ってもらうことだよね」

ザ・ビートルズは『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の50周年を記念して、リバプールにスペシャルなポップアップ・ショップがオープンすることが決定している。

5月25日にキャヴァーン・クラブのあるマシュー・ストリートにポップアップ・ショップはオープンし、6月11日まで展開するという。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ