Paul Bergen/NME

Photo: Paul Bergen/NME

ゴリラズは来月行うコンサートを360度で生中継することを発表している。

ゴリラズは4月28日に新作『ヒューマンズ』をリリースしており、アルバムのリリースに当たってロンドンでの小規模な会場でのライヴを生中継したほか、アルバムの収録曲“Satirnz Barz”の360度のミュージック・ビデオを公開している。今回、ゴリラズはこの二つを組み合わせて、ドイツ・テレコムのエレクトロニック・ビーツの協力で、ライヴを360度で生中継するという。

中継されるのは現地時間6月20日に行われるケルンでの公演を生中継するとのことで、ゴリラズがライヴを360度で生中継するのは初めてとなる。

「テレコムは新しいテクノロジーを導入することによってゴリラズのヴァーチャルな世界に独自の試みを可能にし、世界中のファンが360度の音楽的ハイライトに参加することができるのです」とドイツ・テレコムのブランド主任のハンス・クリスチャン・シュヴィンゲンは語っている。

中継の詳細についてはこちらから。

http://www.electronicbeats.net/the-feed/gorillaz-will-debut-360-degree-live-performance-humanz/

ゴリラズは先日、自身が主催するディーモン・デイズ・フェスティバルのラインナップを発表している。

スペシャル・ゲストについては今後発表されるものの、ヴィンス・ステイプルズ、デ・ラ・ソウル、フファヌがメイン・ステージに出演することが発表され、レッド・ブルによる「ホール・バイ・ザ・シー」と題されたステージにはダニー・ブラウン、リトル・シムズ、カリ・ウチス、 ポップカーン、キロ・キッシュが出演することが発表されている。また、3つ目のステージとしてGSSサウンド・システムがあることも明らかになっている。

ラインナップ発表の動画はこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ