GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはソロ・デビュー・シングルについて「出る」としながらも、現在の音楽シーンにおいては「よそとの競争」ではないとし、ゴリラズさえもライバルではないとしている。

リアム・ギャラガーは今年ソロ・デビュー・アルバムをリリースする予定で、アルバム・タイトルについては『アズ・ユー・ワー』、デビュー・シングルについては“Not For Sale”になるのではないかと言われている。

ツイッター上でファンからシングルがいつリリースされるかを訊かれたリアム・ギャラガーは次のように答えている。「出るよ。俺にはライオンの忍耐力があるからな。焦ってないんだ。よそとの競争って感じでもないしな。なんでリラックスしててくれ」

別のファンがゴリラズが現在のライバルと言えるのではないかと示唆すると、リアム・ギャラガーは次のように応じている。「俺の知る限り誰もいないね。朝飯前だと思うぜ。なんてな」

ブリットポップ期にリアム・ギャラガーのライバルだったデーモン・アルバーン率いるゴリラズは先日、ニュー・アルバム『ヒューマンズ』をリリースしている。

リアム・ギャラガーによるツイートは以下の通り。

リアム・ギャラガーは今年の8月に来年ソロ・アルバムをリリースすることを発表しており、もしそのレコードが失敗に終わったら、彼は「たぶん永遠に消え失せるだろう」と語っていた。リアム・ギャラガーはかつてソロをやるほど「クソ野郎」じゃないとソロ・キャリアを否定していたが、その後、「これは正式発表だ。俺はクソ野郎なんだよ」とツイートしている。

リアム・ギャラガーの息子のレノン・ギャラガーは雑誌の撮影でブラーのTシャツを着ることで、かつての「ブリットポップ戦争」の再燃に加わっている。

今回、リアム・ギャラガーの息子でモデルのレノン・ギャラガーは雑誌『バッファロー・ジン』の夏号の表紙でブラーのTシャツを着ているという。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ