GETTY

Photo: GETTY

ロバート・プラントのオフィシャル・サイトに投稿されたメッセージによってファンはレッド・ツェッペリンの再結成があるのではないかと憶測している。

レッド・ツェッペリンは、2007年12月にアーメット・アーティガンのトリビュート・コンサートの一環としてロンドンのO2アリーナで一夜限りの再結成ライヴを行っている。このライヴのチケットには2000万を超える応募があったことも明らかになっている。

ロバート・プラントのオフィシャル・サイトに「Any time now(そろそろ)」というメッセージが掲載されたのを受けてレッド・ツェッペリンが再結成するのではないかというファンの憶測を呼んでいる。

http://www.robertplant.com/

ロバート・プラントは現在センセーショナル・スペース・シフターズと共にニュー・アルバムのレコーディングしており、今回のメッセージはそれに言及していると思われるが、ロサンゼルス在住の音楽ライター、ラーロ・ラッセルIIが運営する「フィール・ナム」は、「適切な情報筋」からの情報として10月にカリフォルニア州インディオで開催されるデザート・トリップでの再結成に応じたと報じている。

その記事によれば、来年はバンドの結成から50周年を迎えることにも言及しており、ロバート・プラントはその記念すべきタイミングを今年後半と2018年の特別なパフォーマンスによって祝福したい可能性があるという。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ