GETTY

Photo: GETTY

映画監督のジョナサン・デミの訃報を受けてミュージシャンらが追悼の意を表明している。

アカデミー賞受賞歴があり、『羊たちの沈黙』や『フィラデルフィア』の監督を務めたジョナサン・デミは食道ガンと心臓病の合併症によって現地時間4月26日の朝に亡くなっている。享年73歳だった。

ブルース・スプリングスティーンは自身のツイッターで次のように述べている。

「Eストリート・バンドと共に僕らはジョナサン・デミの訃報を聞いて悲しんでいます。彼は僕にとってインスピレーションであり、素晴らしい映画監督であり、偉大な精神の持ち主でした。常に笑っていて、常に世界と関わりを森、常に最善へと後押ししてくれる人でした。彼は深く惜しまれることになるでしょう」

自身の映像作品『ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ』を手掛けてもらったジャスティン・ティンバーレイクはインスタグラムに次のように綴っている。「どこから始めよう?……この胸の痛みは言葉になりません。あなたは人道性の達人でした。物語を語る天才でした。寛大であたたかい心の持ち主でした。あなたは特別な魂の持ち主です。あなたは私に人生について、自分が信じていることのために立ち上がることについて多くのことを教えてくれました。僕の仕事において僕をよりよいものにしてくれました。そして、カメラやステージを離れたところであなたと過ごした時間は僕を人間としてよりよいものにしてくれたのです。あなたは本当にかけがえのない人です。友人として僕は深く惜しむことになるでしょう。いつかもう一度会えたらと思います。愛してるよ、ジョナサン・デミ。安らかに眠ってください」

映画『ストップ・メイキング・センス』を一緒に制作したトーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンも長文の追悼文を公開している。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ