PRESS

Photo: PRESS

ラット・ボーイは最新シングル“Revolution”の活気に溢れたミュージック・ビデオを公開している。

ニューヨークにあるビースティ・ボーイズのオシロスコープ・スタジオでレコーディングされた“Revolution”は、UKで暮らす若者の生活のディストピア的な現状を皮肉に描く内容となっている。

“Revolution”のミュージック・ビデオはこちらから。

先日、ラット・ボーイはケンドリック・ラマーの新作『ダム』で自身の音源がサンプリングされていることに反応を示している。

ラット・ボーイは「ケンドリック・ラマーの新作に俺の音源が使われているんだ。お気に入りのアーティストの中でも素晴らしい人だからね。なんて光栄なんだろう。最高だね」とツイートして、次のように続けている。「“Lust”で俺の音源をサンプリングしてくれたことにケンドリック・ラマーに感謝を。ダイレクト・メッセージで連絡でもくれよ」

ラット・ボーイの“Knock Knock Knock”は2015年発表のミックステープ『ネイバーフッド・ウォッチ』に収録されている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ