GETTY

Photo: GETTY

ハイムの謎の屋外広告がロンドンに出現しており、アルバムを予告しているものと見られている。

大きな評価を集めることになった2013年発表のデビュー作『デイズ・アー・ゴーン』に続く新作はしばらく制作中となっており、元々は2016年の秋にリリースが予定されていたもの、2017年の夏まで延期されている。バンドは今夏グラストンベリー・フェスティバルやレディング&リーズ・フェスティバルといったフェスティバルに出演することが決定している。

今回、ロンドンのショーディチ・ハイストリート駅の近くに謎の屋外広告が出現したことで憶測を呼んでおり、まもなくアルバムのリリースを発表するか、ファースト・シングルが公開されるのではないかと見られている。屋外広告はベルリン、ロサンゼルス、シドニーなどにも設置されているという。

haim_billboard_2

haim_billboard_1

ハイムは以前『Q』誌に対して新作が「古典的なソングライティングだけど、モダンで、刺激的で、怖いものなしの」作品になるとし、“Nothing’s Wrong”や“Give Me Just A Little Of Your Love”といった曲名も明らかにしている。

さらに、エスティ・ハイムはバンドの完璧主義や、なぜアルバムの完成まで長い時間がかかったのかについて説明し、次のように語っている。「私たちは全部曲を書いて、全部自分たちで制作をしているの。私たちにはメールで曲を送ってくるような作曲者なんていなかったからね」

アルバムには元ヴァンパイア・ウィークエンドのメンバー、ロスタム・バトマングリや、『デイズ・アー・ゴーン』にも参加したプロデューサー、アリエル・レヒトシェイドも参加している。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ